Top > 代表ブログ

代表ブログ

『形』と『本質』
2018.11. 2

皆さんこんにちは、社長の井坪です。
11月に入りました。
私も、もう少しで47歳になります(早い!)
なんやかんやで時の経つのは早いものですが、節目節目を大切に本当の意味で成長したいな〜と感じている今日この頃です。


さて皆様はいかがお過ごしでしょうか。

連日TVでは、『渋谷のハロウィン騒動』が話題になっています。
暴動に近いような騒ぎに、渋谷区で住む人や商売を営む人も、ちょっとした災難では済まされないような様子です。
有り余るエネルギーを持て余した多くの人が、『右にならえのノリ』で悪い方に行動してしまったのかな〜と推察しますが、同じ日本人としてはやはり悲しい出来事でした。
少し考えれば善悪の区別がつくのに、それを麻痺させてしまう『ハロウィン』と言われるイベントは怖いものです。
ただなんとなく思うことは、あのパワーは凄い!ということ。
若いパワーの抑制や鎮圧だけでない、何かの方法があればいいな〜と思います。


pixta_23483865_S.jpg
【ハロウィン】
ハロウィンは、もともとは古代ケルト人のお祭りです。
もともとは秋の収穫を祝うお祭りのことで、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのお祭りでした。
古代ケルト人たちの間では、10月31日が一年の終わり、日本で言う「大晦日」のような日で、「亡くなった人の魂がこの世に帰ってくる」とされていました。
日本の『お盆』にも似ていますね。
この日は亡くなった人の魂と同時に、「悪魔や魔物もやってくる」と信じられていて、
その魔物は作物や家畜に悪い影響を与えたり、子供をさらったりすると言われていました。
そこで、「子供たちの魂が魔物に取られないようにしよう」と、魔物に見せかけたオバケの衣装を着ることで、ハロウィンの時期だけ『オバケ』に仮装させ、子供たちを守っていたそうです。
それが今の「仮装」の起源になります。
この他にも悪霊を追い払うために、『仮面』を被ったり、『魔よけの焚き火』もしたそうです。
この祭りがやがてキリスト教の前夜祭と合体し、カトリックが「聖者の日」と定めていた「11月1日」の前夜『10月31日』を、諸聖人の英語(旧称)"All Hallows"の前(eve)、"Hallows eve(ハローイブ)"がなまってなまって、"Halloween(ハロウィン)"と呼ばれるようになりました。
12月25日の前夜、12月24日を「クリスマス・イブ」と呼ぶのと一緒ですね。
今では特に宗教的な意味合いもなく、アメリカなどでは『普通のお祭り』として楽しまれているようです。
〜以上〜


切り取ると、仮装も、火を炊くことも理解できますが...本質を理解しないと『形』だけになってしまう。
『渋谷のハロウィン』をきっかけに、自身でも『形』だけになっていることは無いか?と考えさせられました。
形式を重んじて本質を忘れてしまうのは本末転倒です。
だけど慣れてしまうと、形式が習慣となり本質が忘れられてしまう事もよくあります。
私も反省することが多いです...。
そして、大人が教える事は『形』と『本質』とが一緒でないと駄目だな〜ということも学びました。感謝!

『PPK』の家づくりを学ぶ
2018.10.26

皆さんこんにちは、社長の井坪です。
一大イベントだった【第三回信州バザール】が終わり...ホッとする間もなく、今週が始まりました。
随分肌寒くなってきましたので、長袖やジャンバー姿が多くなり、鼻声や咳をする人もチラホラいたりで、少し心配です。
具合の悪そうな姿はよく分かるもので、こうなると『お大事に!』としか言いようがなく、『早く良くなれよ』と元気づけています。
リアルな元気づけになればと、明日工場でお食事会&飲み会(紅葉狩り)を開催しますが、含みすぎて逆に体調を崩さないことを願います(笑)


さて皆様はいかがお過ごしでしょうか。


月曜日、全体朝礼を終えて、バタバタとした打ち合わせが終わると、慣れないスーツ姿の人が目の前に!ナガイ(建材屋さん)の弊社担当者松下君です。
「社長!お迎えにあがりました!」と大きな声でめちゃくちゃ元気です。
気後れしながらも、松下君の車に乗して頂き、一路WBHouse勉強会で長野市へ向かいました。


IMG_0858.jpeg
昨日まで何日も通った松本市を抜け、山道(高速ですが)を通り、長野市のホテル国際21に到着しました。
会場に入ると、主催者の一人ニッチの市川社長から「冒頭の挨拶をお願いします」という無茶振り。一応WB友の会の顧問という立場もありますので...お引き受けし、本日講演頂く先生のもとへご挨拶に行きました。
【健康住宅をつくりましょう】という題材でお話頂くのは、首都大学東京・名誉教授 星旦二先生。
本日の講義内容を整理していたのか?難しい表情でPCに向かっておりましたが、「お世話になります。井坪です。」と名刺を渡し、「本日、冒頭少しだけご挨拶させていただきます...」と手短に挨拶をさせていただきました。


IMG_0860.jpg
講義が始まると、先ほどの難しい表情はなく「笑ってくださいよ〜」と5分に一回?はジョークを散りばめる先生でした。
難しい話をわかりやすく、テンポよくお話されるのでどんどん引き込まれていましたが、一番前に座っている私は、先生との距離も近く、度々ツッコまれていました。
「【PPK】【NNK】どっちがいい?」と聞かれても、なんのかとやら??と微妙な表情で前方画面を見ていると、「【PPK】はピンピンコロリ、【NNK】はネンネンコロリ」だよと言われて、やっと意味がわかり「PPKがいい」と言いました。先生は「そうですね〜でもね日本人の多くはNNKなんです。しかも10年以上...」「この問題は住環境が大きく影響しますので皆さんは聞く義務があります...NNKになる家はつくらないこと...」一気に背筋が伸びました。

快適な温度、湿度。安全な空気環境。食生活の注意事項などなど、それに科学的なデーターや医者としての立場の話も加わったので、本当に貴重な時間になりました。
圧巻だったのは、講義の途中くらいで「今日、井坪さんも言ってましたよね〜」と冒頭の私の挨拶がパワーポイントでまとめてあったこと!?(いつの間に...)
それに加え、私が渡した名刺(桧製)を取り出し、「これも無垢!揮発性有機化合物は含まれてないですよね」と講義のネタとしても使って頂きました。
そして、充実した数時間はとても早く過ぎてしまいました。
準備、段取りをして頂いたWBHouseにかかわる皆さんのおかげで、非常に良い勉強ができました。感謝!