Top > 代表ブログ

代表ブログ

SMILE
2020.9.11

皆さんこんにちは、社長の井坪です。
南国を襲った特大の台風で起こった災害の一つ大規模停電。
報道では、『停電で夜も眠れない...』と言っている家族の姿を見ました。
「この時期の停電はエアアコンも使えないから大変だ...」  「スマホの充電も出来ないから使えないんだね...」と一緒にTVを見ていた家族の声。
あまり考えた事がなかった電気がない生活を考えました。
毎年、毎年、何年に一回と言われる規模の災害がどこかで起こる現在ですので、我々が住む伊那谷も例外ではない。
暮らしをつくり・守る会社として、色々な対処策を想像して提案を考えなければなりません。
早速、水曜日のアフター課題会議でこの話題に触れると、メンバーから蓄電池、トイレ、給湯器、設計についてなどなどの具体的な案が上がりました。
現状の提案でも『これを勧めるべき!』とか『これは勧めては駄目!』という内容で、販売の前線とは少し違う『実際に使われてから』の話。
点検やアフターで日々、生活者であるお客様と関わっているチームだけに、さすがに目の付け所が違うな〜と勉強させられました。
『つくったら、守る』の井坪らしく、この意見を今度は入り口の設計に伝えて共有し、更に安全・安心につながる提案ができるようにしたいと思いました。
衆知を役立つ力にして、たしかにお客様に届けられるように!
小さなチームですが尽力していきたいと思います。


本文のような前フリになってしまいました...。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。


毎号編集に約2ヶ月をなんやかんやでかけている、オーナー様向けの季刊誌SMILE24号の封入、発送が今週無事行われました。
今号も、ご覧いただいた皆様に喜んで頂けている姿を想像しながら、心を込めて作れせていただきました。


IMG_0729.jpeg
封入は全社員が集まる月曜朝礼後に皆で行いました。
封入作業は、透明の封筒に冊子(SMILE)を入れ、テープで蓋を閉じる単純作業...。
慣れてくると片付仕事になってしまいそうな仕事ですので、社員が何故やるか?という意味を再確認する意味も込めて、職人の仕事でも心構えとしてよく使われる『神は細部に宿る』という話を封入前に話しました。
封入している時をどんな事を思い働くのか『手に取るお客様を想像し、いつもの仕事と同様の心構え持った仕事、品質を考えた仕事にしよう!』と伝えました。
封入するのは約2,000部です。事前に担当の社員から伝えられたグループに速やかに別れ、円形であったり、対面であったりそれぞれの陣形を整えて封入がスタートしました。
和気あいあいとしながらも、役割を決めて手際よく進む封入。
すると「向きが違う!」とか「この冊子汚れている!入れては駄目」などの厳しい品質チェックも入ります。
それぞれに意味を理解し考えながら封入は15分程で完了しました。
テープのゴミの片付も完璧にして、気がつくと現場ごとの打合せが何事も無かったかのように、でも清々しく始まっていました。
打合せを待つ職人に「お疲れ様!」と声をかけると嬉しそうな笑顔が...やっぱり皆で何かをやり遂げると達成感がありますね!
SMILE封入も一丸事業の一つになっています。


IMG_0727.jpeg
始めはお便りで始まった、お客様通信→寿だより→SMILE。
寿だよりまではペーパーで一部の社員が作成発行を行っておりましたが、SMILEからは封入が加わり一気の社内にも知られるようになった季刊誌。
SMILEは年4回発行され続け今回で24号。創刊6年目という事になりました。
発送が終わると二週間後に改善会議→企画会議と次のSMILEの制作に入ります。
こうして知らないうちに、SMILEは私や社員の年中行事になりました。
始めは大変だったこのルーティンが今は各所に楽しさを感じるようになりました。
お客様のお宅訪問や頑張り人(社員紹介)のページは編集していても楽しみなページです♪※自身のコラムだけは頭を悩まし続けますが(笑)
小さくても楽しい達成感を味わえるSMILEはその名の通り、私達を笑顔にしてくれる冊子なのかも知れません。感謝!