Top > 代表ブログ

代表ブログ

宿命のライバル
2019.12.20

皆さんこんにちは、社長の井坪です。
12月も折返しを過ぎ終盤になってきました。
歳をとったのか?時代なのか?昔ほど年末気分が無くなっています。
ボーッとしていると過ぎてしまう師走ですので、『達成感のある日々』にするために、起床時間を10分早くして毎朝の段取り時間のスタートを早くしました。
寒い冬の朝は、身が引き締まり意識が集中できるので、今の所すごく良い行動になっています。
行動を習慣にできるまでは、継続が必要ですので、気合を入れて習慣にしたいと思います。


さて皆様はいかがお過ごしでしょうか。


毎週月曜日の全体朝礼で、当番制で回ってくる『ありがとうスピーチ』。
12月はだいぶ馴染んできた、新入社員(近藤君・田村君)の順番が回ってきました。

IMG_1512.jpeg
(入社時の様子)
彼らは共に、この春に高校を出て弊社に大工見習いとして入社。現在まで約9ヶ月間、共に歩み切磋琢磨した同期生です。
弊社の名簿は同期の場合、生まれ順になるため、先にスピーチが回ってきたのは近藤君(飯田OIDE長姫高校卒)でした。
この日は、建て方がありそのチームに田村君が含まれていましたので、同期不在の中でのスピーチでした。
そんな中始まった『ありがとうスピーチ』は、なんとその同期の田村君へむけてのものでした。
入社以来の同期でもあり、尊敬する人でもあり、ライバルでもあると...今自分が頑張れている『理由』として彼への感謝の思いが熱く語られました。

IMG_2406.jpeg
(訓練校で飾られていた近藤君の作品)
翌週、今度は田村君(長野工業高校卒)の番です。
するとそのスピーチは近藤君に向けてのものでした。
『あれ?先週と同じ内容だ』と思い振り返ると、お互いがお互いに『ライバルとしてのありがとう』を言っているのです!
「いや〜すごい!同期っていいな〜と」思わず言ってしまいました。

download.jpg
少年時代に、TVアニメで熱中して見ていた『巨人の星』にも、星飛雄馬と花形満という宿命のライバルの姿が描かれていましたが、ここにもそんな事を思わせる『宿命のライバル』が居ます。
互いに互いを意識し、尊敬し高め合いながら、いつか『巨人の星』ならぬ『大工の星』を掴んでもらいたいと思いました。感謝!