Top > 代表ブログ

代表ブログ

心も清々しくなる『断捨離』の効果
2019.5.10

皆さんこんにちは、社長の井坪です。
長かったGWが終わり、第二四半期の仕事がスタートしました。
休み明け初日に行われた『安全衛生会議』では、休み中の体験談も含め、交通安全と体調管理が主なテーマになりました。
車の運転については、マナーを守ること。特に『譲る気持ちが重要である』という話が出て、身が引き締まりました。
体調管理では『心・精神の管理が重要である』との見解に。
どちらも『正しい心持ち』を持つことが大切。今一度、ゆるんだ気持ちを引き締めて、これからの仕事に取り組みたいと思いました。


さて皆様はいかがお過ごしでしょうか。


GW後半の四日間は、ずっとやりたかった家の片付けをしました。
何年も、押入れの隅で眠っていた洋服、小物類、古くなったスーツなどの処分を行いました。
世に言われる『断捨離』というやつでしょうか?
なんと大きなゴミ袋は3袋にもなりました!


ある程度、物が片付くと色々がスッキリして、気分までもスッキリしました。
整理整頓や掃除は、心にも影響する事を身を持って知るいい機会になりました。
捨てる事で余分なモノを買わなくなる効果もありそうですし、本当に大切なものが見えてきた気もしました。

pixta_49625027_Sのコピー.jpg
困ったのはゴミの分別。引受先を調べて、布団などはクリーンセンターへ、チャイルドシートなどは最終処分場へと持っていきました。
まあまあ新しい服は、セカンドストリートに持ち込みお金に変わりました。
故障して古くなった石油ストーブは、なんと親しい先輩が経営している㈱マエダで処理をしてくれるとのこと。


7530307.jpg
連休最終日に、使えなくなったストーブを3台車に乗せて㈱マエダさんに持っていくと、事務所には忙しそうに仕事をしている先輩・前田社長がいました。
事務所の扉を開けて「前田さん...」と声をかけると、にっこりと微笑んで「お〜井坪!どうした?何ストーブ?工場に人がおるで適当におろしていって」と適当なようで優しい前田節。
トラックや業者さんの持ち込みが多いと思われる工場に、突然現れた一般車両に違和感を感じて気づいてくれたのか?社長が言ってくれていたのか?
大きな重機を使いゴミの分別をしていた社員さんが、行くとすぐに重機から降りてきて「こんにちは!」とすぐに声けてくださいました。
「ストーブの処分をお願いしたいんですけど...」と言うと「はい!わかりました」と感じよく、とても親切に対応してくれました。

最終日に、長年場所をとっていたストーブも片付き、物入れや押し入れもこれでフルに使えそうです◎
自宅が4日間の断捨離で、今まで以上に過ごしやすい快適な室内環境になりました。
それにも増して、清々しい気持ちになれた『人』の対応が、とても嬉しい出来事でした。感謝!