Top > 代表ブログ

代表ブログ

言葉の意味
2019.4.19

皆さんこんにちは、社長の井坪です。
野球少年たちの新シーズンも始まり、今年も『丘の上大会』に行き野球観戦チケットを進呈させて頂きました。

IMG_1617.jpg
小学生球児のユニホーム姿を見ると、自分の子供時代の気持ちを思い出したりして、新鮮な気分になりました♪
野球観戦が、親と子の想い出の一コマになれば幸いです。


さて皆様はいかがお過ごしでしょうか。


4月17日(水曜日)平成31年 長野県WB友の会定期総会が長野市で行われ参加してまいりました。
以前に長野市を訪れたのは、WBの生みの親であるウッドビルド寺島会長の葬儀でしたので、同じ会場となったホテル国際21に入ると何か感慨深いものがありました。
カリスマ寺島会長亡き後、初めて行われた平成最後の長野県WB友の会の総会。

IMG_1619.jpeg
ウッドビルド寺島社長の話を聞きながら思ったことは、完全に世代交代がされた友の会であるということでした。
10数年前、新米の若手社長であった私の周りにいた先輩猛者達は一線を退かれ、全員が若代に世代交代されました。
かつての先輩猛者の立場に近くなった私も、新たな役割を果たさなければならないな〜と決意を新たにしました。


濃密な総会が終わると、急遽予定になかった『懇親会』の話が...
この勢いの中、断ることも出来ず1時間だけ参加しました。
場所は、善光寺の東側に広がる城山公園。

IMG_1626.jpeg
毎年お花見の時期に出店されるという『花見茶屋』の『鶴亀さん』でした。
長野市の城山公園も花見茶屋も初体験だった為、素晴らしい体験でした◎
〜解説〜
花見シーズンが到来すると、城山公園には毎年「花見茶屋」と呼ばれる、桜を楽しみ宴会もできる建物が立ちならぶそうです。
4月でも肌寒い長野市の春に、城山公園の美しい桜を暖かい小屋の中から楽しむこともできるという、寒冷地ならではの工夫。
城山公園は長野市内でも高台にあるので、絶好のロケーションから夜景も一緒に堪能することもできます。
〜以上〜
絶景でのお酒は、いい感じに皆を酔わせ、いい雰囲気の懇親会になりました。
会話の中では、各地方(北信・東信・中信・南信)の言葉の違いが話題に。
同じ長野県でも、結構違う言葉に長野県の広さを改めて感じる機会にもなりました。

最近見た雑誌『PRESIDENT』の中に、落語家の桂文枝さんの記事があった。
芸人の挨拶に、「こんにちは」や「こんばんは」が使われない理由として、「客が来ん」という験を担いだ意味もあり、いつでも「おはようございます」と使われるそうだ。
それぞれに、意味がある言葉。
業界や地方で、その言葉に込められた意味は変わる...言葉の深さを感じるいい機会になった。感謝!

心の声に
2019.4.12

皆さんこんにちは、社長の井坪です。
人生初のいちご狩りに行き、開始10分で満腹になる調整力のなさを家族から叱咤された週末...

IMG_1571.jpg
それでも、プチ旅行気分を味わい休みを満喫できました◎
春のお出かけはワクワク感が増して楽しいですね♪


さて皆様はいかがお過ごしでしょうか。


駐車場の桜も満開になり迎えた今週。

IMG_0003.jpg
月曜日4月8日は、亡き父 創業者井坪務の誕生日。
生きていれば78歳。朝礼でその事に少し触れると、すでにわかっていた様子の社員も多く、やはりそれぞれの心に『井坪務』は生きているんだな〜と思いました。
4月の第2週の水曜日は、毎年『安全大会』が行われ、認定資格者修了証の更新が行われます。
初めて認定資格者修了証をつくった時には、父が生きていたので、もう10年が経つんだ...と思ったりで、4月8日は初心に帰れる時になっています。

IMG_0004.jpg
そんな創業の想いを感じながら、今年も4月10日(水曜日)に安全大会が開催されました。
朝起きると、なんと雪がしっかりと降っていました。

IMG_1592.jpeg
4月の雪降は、記憶の中では数回あった気がしますが、桜が満開に開花してからの雪は、おそらく初体験。
この歳になっての初体験は少し嬉しくなります。
おかげさまで雪も雨に変わり、無事安全大会が始まりました。

凝縮された時間の中、ピリッとした雰囲気で認定資格者講習が行われました。

IMG_1597.jpeg
お楽しみの基調講演は、昭和46年生まれの同年 香取貴信さん。
私自身は2回(東京セミナー、弊社勉強会)お話を聞いていますが、今こそ香取さんの話が良いと思い、講演をお願いしました。
香取さん自身が経験したディズニーランドでの仕事の話。というとスマートに聞こえますが、10代の頃の香取さんは、札付きのやんちゃ小僧。それが、ディズニーランドで働く中で気づき変わっていく様が共感できて腹に落ちるのです。
やんちゃ小僧の多い職人の世界だからこそ、香取さんの話は伝わるんじゃないか?と思っていた所。どうやらその通り、皆さんいい表情で話を聞いていました◎
終始パワフルにお話いただいて、風のように去っていきましたが、それぞれの心に着火するヒントを頂いた気がしました。
自分で選んだ仕事を好きになり、どうしたら楽しくなるかを考えたら、辛さも楽しさに変えられる...
自らの心のスイッチが入っているか? あり方はどうか?
『心の声に耳を傾けられるのは人間だけだけです...』という言葉が強く心に残りました。感謝!