Top > 井坪工務店の家 > 品質と技術

4つの特徴

適材適所の素材と誠実な施工

井坪工務店では、常に6千本もの厳選された木材をストックしています。自邸に使う木材を、選ぶことができるだけでなく、保管状態から実際に見て、触れて、確かめることができます。また、柱の材には4~5寸角の無垢総ヒノキを用いるほか、構造には無垢材の太い梁と梁を緻密に組むため、地震にも大変強く丈夫で安心です。また土台にはシロアリが嫌うヒバを使用。基礎には土間コンクリートのベタ基礎と立ち上げを1度で打つ一体型工法を採用、社内の基礎部が責任を持って施工しています。素材を極めること、見えない部分にこそ本気でこだわること。嘘やごまかしのない、誠実で真っ直ぐな住まいづくり―—それが井坪工務店の原点であり誇りです。

強い構造土間コンクリートのベタ基礎と立ち上げを一回で打つ、一体型の工法(基礎一体打ち工法)は、まるで「一枚岩」のような基礎をつくることができる工法です。井坪工務店では、高耐久性・高耐震性を可能にする、この基礎工法を採用。基礎一体打ち工法は、強度を向上させるだけでなく、工期の短縮や雨水・シロアリ等も防ぐことができる非常に優れた工法です。

檜(ひのき)の4寸柱

家への信頼の高さは、使う材料の確かさでも左右されます。一軒の家を建てるのに、通常は4寸柱を100本程度使います。もっと大きな家なら、その数は140本に上ることも。長年、材木店との取引実績を積んできた井坪工務店では、厳選した材木を常時数百棟分保管することで、安定した品質の木材を良心的な価格で提供する体制を整えています。プレカット全盛の今も、手刻みによる品質を維持するために、熟練した大棟梁が一本一本の木を吟味し、適材適所に振り分ける「番付」の作業を行っています。

在来軸組工法

井坪工務店の注文住宅は、伝統的な在来軸組工法で建てています。家を建てるには様々な工法がありますが、伊那谷の気候風土に最も適しているとの考えから、私たちは在来軸組工法にこだわり続けてきました。国や地方によって家の建て方が違うのには理由があります。湿度の高い日本では、古来より「風通し」を考えた家づくりが良しとされてきました。木造軸組工法は、こうした日本の気候風土から生まれた工法です。また自然に美しく馴染むという観点からも、木造軸組工法は日本に最適な工法だと考えられています。 昨今の日本の住宅業界でも、『木』や『自然素材』に着目した商品が見受けられます。しかし、大工職人は、木と対話することにより、木が持つ本来の良さ(強度、粘り、調湿作用等)を最大限に生かす技術を、古くから継承してきました。だから私たちは、生きた木にこだわり、その良さを引き出すことのできる「在来軸組工法」で家を建てています。

WB工法

温熱環境について
「家の作りようは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる。暑き比わろき住居は、堪へ難き事なり」——これは徒然草の一節です。 夏、過ごしやすい家とは風通しが良い家のこと。一方「冬は、いかなる所にも住まる」とありますが、現代では、冬の極端な寒さは体調不良を招いたり、ときには命に関わると考えられているため、適度な暖かさも必要だと言われます。 WB工法では、この「風通し」を「通気」というかたちで住まいに取り入れると同時に、室内の暖かさを保つために「断熱性」も確保。本来、通気と断熱は相反する条件であり、その共存は大変難しいとされてきましたが、WB工法はこれらを両立させ、四季を通じて快適な環境をつくりだすことに成功しました。

空気環境について
人間は、常に呼吸をして生きています。その人間が住むための家の空気は、やはりきれいで安全でなければなりません。人が呼吸するように、家そのものも常に外の新鮮な空気を取り入れていなければ、その中にいる人も健康的に住まうことはできないでしょう。呼吸するように新鮮な空気を取り入れて、不要なものを排出するーーこの循環によって、WB工法はクリーンな室内環境をつくりだします。

省電力で暮らせるWB工法
WB工法では、夏は、自然におこる上昇気流を利用して建物内の不要な熱を換気口から排出し、冬は、暖めた空気が逃げないよう換気口を閉じることで、冷暖房による消費電力をできるだけ減らすように工夫しています。また、熱感知式形状記憶合金を採用することで、夏冬の切り替えの際に必要な換気口の開閉にも電力を必要としません。外気温を感知して開口部を自動開閉する仕組みは、節電対策としても注目されている技術です。

*熱感知式形状記憶合金とは・・・チタンとニッケルを合わせた合金。耐久性に優れ、錆びることがないため、どんな地域でも安心して使用できる素材です。

*熱感知式形状記憶合金とは・・・チタンとニッケルを合わせた合金で、耐久性に優れており、錆びることがないためどの地域でも安心してご利用いただけます。

住まいの情報センター松川で体験ができます。

住まいの情報センター松川 WB工法サイト