iR 井坪工務店 注文住宅

Top > 井坪工務店の家 > 家づくりの流れ

家づくりの流れ

住まいづくりを考え始めたら、まず「匠塾」にご参加ください。井坪の住まいづくりがわかる「工場・現場見学ツアー」や、家の資金計画を含めた生涯のマネープランが見える「資金セミナー」など、役立つ授業が目白押しです。

融資事前審査

ご利用になる金融機関に必要な書類を持参して、どのくらいの借入・返済が出来るかを事前審査します。 概ね3日から1週間の審査期間を経た後、結果がわかります。

ご用意いただくもの

収入が証明できるもの(源泉徴収票・確定申告書など)印鑑保険証

身分を証明できるもの(運転免許証・パスポートなど)

他の借入(車・奨学金など)がある場合は返済計画表

その他各金融機関指定の書類

井坪の住まいづくりがわかり、住まいづくりへのお気持ちがしっかりと固まったら、 設計契約をお申し込みください。この後、プランのご提案やお見積りの作成といった次のステージへと進んでいきます。

ご用意いただくもの

設計契約料10万円印鑑

お客様のご要望や想いを経験豊富なスタッフがお伺いします。 どんな風に暮らしたいのか、趣味や大切にしていることは何かなど、 どんな些細なことでもかまいません。お客様の願いやご希望をすべてお話しください。また、資金についてのご相談にもしっかりと対応させていただき現実的な家づくりをご提案していきます。

お客様のご要望を踏まえ、さらに敷地を有効活用するための敷地調査を行ったうえで、設計士がプランニングを作成しご提案します。また、プランニングが具体的に進むにつれて、予算と照らし合わせながら概算のお見積もりをご確認いただきます。

図面をご確認いただき、お打ち合わせをしながらプランを決定していきます。その上で本見積もりを作成し、契約内容について詳しくご説明します。内容を十分にご納得いただいたところで本契約となります。

設備機器のお打ち合わせ

井坪工務店が経営する「住まいの情報センター松川」では、 キッチンや洗面台など、住まいの設備機器を豊富に取り揃えています。色味や使い勝手などを実際に見てお選びいただけます。

住まいの情報センター松川について

壁紙やフローリングの色など、細かな仕様を確定していきます。さまざまなサンプルをご覧いただき、イメージを膨らませながら仕様を決めていきます。細かな部分が決まりましたら、工事開始許可書に押印いただきます。

着工式、地盤調査、地鎮祭などを経て、いよいよ工事が始まります。 新居に使用される梁には、お施主様の想いを書いていただけます。また、このタイミングで、今後の資金調達について金融機関と打ち合わせいただき、ご融資のお申し込みをしていただきます。

井坪の技と心を受け継ぐ職人がお客様の想いを形にしていきます。上棟後には、お客様を交えて現場での最終確認を行うほか、住宅完成後には業者の立ち会いのもとで、仕様や設備が契約内容どおりになっているか、 不具合はないかなどをしっかりとチェックしていきます。

安心の施工監査システム

井坪工務店では自社のクラウド工程管理システムに加えて第三者機関による施工管理システムも併用し、現場のミスを抑えて確実な施工を行います。熟練の職人の技に万全のチェック体制を重ね合わせることで、お住まいの資産価値と安心な暮らしを守ります。

監査機関「ネクストステージ」

各種重要書類のご確認とともに、すべての鍵、 設備機器の説明書・保証書などが揃ったら、いよいよお引き渡しとなります。 問題がなければ書類にサインしていただきます。

住宅は、建ててしまえば終わりというわけではなりません。建ててからが本当のおつきあいの始まりです。井坪工務店では、お引き渡し後も定期的に訪問点検を行い、不具合を早めに見つけることでお役様の安心の暮らしを見守っていきます。

井坪の愛あるリフォーム“iR”

井坪工務店では、お施主様がいつまでも安心・快適にお住まいいただけるよう、家の状態を末長く見守っていきます。家族構成やライフスタイルの変化に合わせて、暮らしに寄り添ったメンテナンスやリフォームなどをご提案していきます。

iR(アイアール)について